マナーは人間関係の潤滑油

ビジネスに必要なマナーとは

ビジネスにはマナーが大切

円滑にビジネスを進めていくためには、いかにコミュニケーション能力を高めるかにかかっています。いくら事務能力に優れていても、良好な人間関係を構築することは出来ません。言い換えれば、人間関係を構築することができれば、ビジネスは成り立つということです。そこで、大切なのがマナーです。相手の立場をわきまえ、礼儀正しく振舞うことは、社会人にとって必要なスキルと言えるのです。さて、マナーの基本といえば社内、社外問わず挨拶になります。いつ、どのような場所でも、笑顔で挨拶できる人は好感度がアップしますし、それだけで信頼できる人物と思われます。挨拶と併せて必要なのが言葉のマナーです。特に、尊敬語、謙譲語、丁寧語の使い分けができる人は、仕事ができる人物として重用される傾向にあります。挨拶や言葉といったスキルも大切ですが、ビジネスを行う上で、最も必要なマナーは気配りです。上司、同僚、部下で区別するのではなく、全ての人に気配りができる人は人望を集めることができます。例えば、電話をかける際、自分の都合の良い時間にかけるのではなく、相手の都合を考えて時間を選ぶだけでも相手に与える印象は大きく異なります。ビジネスは人間関係の上に成り立っていることを忘れず、最低限のマナーは習得したいものです。

↑PAGE TOP