とにかく経験を積もう

ビジネスマナーは会社の顔

新入社員とビジネスマナー

初めて社会に出る新入社員が1番最初に覚えなければいけないのがビジネスマナーです。もう学生ではないので、社会人としてきちんとした対応ができなければ、その会社が新入社員をちゃんと教育していないということになり、取引にまで影響することがないとも限りません。ビジネスマナーの知識は新入社員研修で教わることですので、しっかりと研修を受けることが今後の社会人生活の明暗を分けることになります。スタートラインが同じだったのに、同僚にどんどん先を越されることがないように研修で学んだことは知識として留めておくだけでなく、実際にやってみることでより早く身に付けることができるでしょう。電話の応対などのビジネスマナーは、同じ課の先輩の受け答えを真似することから始めてみましょう。使い慣れた言葉ではないので最初は戸惑うことがあるかもしれませんが、慣れればスムーズに受け答えができるようになります。そのためにも電話を怖がらずに率先して取るようにすれば、先輩方からの評価にもつながるのではないでしょうか。失敗を恐れないで、今日得た知識は明日すぐに実戦で使ってみるようにしましょう。間違えても周りがフォローしてくれるのは新入社員だけの特権でもあります。できるビジネスマンになるためには、まずはしっかりとしたマナーを身に付けることです。

↑PAGE TOP