お酒の席でのふるまい方

ビジネスで失礼をしないために

知っているとビジネスで得をする

社会人になると、ビジネスの最前線に立つ機会が多くなります。名刺の渡し方や飲食店での席次など、細かいビジネスマナーがいくつもあります。かつてはそれが重視されたものですが、最近はビジネスマナー自体がかなりフラットになってきた印象があります。形式にこだわるよりも、中身のある話がしたいという気持ちの表れと言えるでしょう。しかしながら、若手社会人の方はビジネスマナーを熟知していると印象は良くなります。話をしている相手は、若年者であることに頼りなさを感じることがありますが、粋な対応が出来ると信頼感が大きくなります。結果としてそれが仕事の成功に繋がることもあり、やはりマナーを軽く考えることはすべきではないのかも知れません。社会人となって毎日仕事をしていくうちに覚えていくことではありますが、在学中に基本的なルールを知っておくのが良いでしょう。上下関係の厳しいクラブ活動に入っていると自然と身に付くものです。そのような講座に参加するのも良いかも知れませんね。お酒を注がれたら返盃をする、大皿の料理は進んで取り分けるなど、お酒の席ではマナーが比較的重視される傾向にあります。仲間うちでお酒を飲むときも、少し意識をしておくことで役に立つでしょう。

↑PAGE TOP