トップ / 老け顔を防ぐための生活習慣

肌のハリを取り戻そう

老け顔を防ぐための生活習慣

表情筋を鍛えハリある肌になる

年齢と共にハリは失われて、肌にはシワやたるみが生じる。もはや成す術もなくただ老化するに任せるしかないのでしょうか。そんなことはありません。毎日の生活習慣を見直すことで老け顔を防ぐことは十分にできます。老け顔を防ぐには外からと中から、両面からのケアが大切です。

まず外側からのケアとしては、しっかりと紫外線対策を行いましょう。紫外線は肌の奥深くにまで侵入し、肌の弾力を保ってくれているコラーゲンやエラスチンなどの成分を破壊してしまいます。日焼け止めや日傘、帽子などを活用して、紫外線から肌を守りましょう。

また、年齢と共に衰える表情筋を鍛える為に顔の体操は効果的です。口角を上げる体操をすることで肌のハリを保つようにしましょう。

次に大切になってくるのがインナーケアです。食べるものは1ヶ月先の肌を作ります。1ヶ月先も若々しい肌を保っていたいのであれば、今の食事に気をつける必要があります。季節の野菜は季節ごとに起こる体の不調と闘う助けとなる栄養素が豊富に含まれています。季節の野菜をしっかりと摂りましょう。

また良質な油は肌を若々しく保ってくれます。ココナッツオイルやアマニオイル、青魚の脂など良質の油を取り入れるようにしましょう。逆にマーガリンやバター、スナック菓子、ジャンクフードに使われている油は質が悪く肌をボロボロにしますので避けていることが大切です。これらがインナービューティーになる秘訣です。

さらに良質の睡眠は肌の再生を助けてくれます。特に「肌のゴールデンタイム」と言われている夜の22時から午前2時の間の睡眠は肌の再生を活発化させます。夜型の生活を送っている方はできるだけ質の良い睡眠が取れるように意識しましょう。就寝前にスマホを使う習慣のある方は多いですが、睡眠の質が落ちるだけでなく、下を向いて表情筋も緩んだ状態が続くため、肌のたるみの原因となりますので注意が必要です。

Copyright © 老け顔に見える原因とは. All rights reserved.