トップ

肌のハリを取り戻そう

老け顔に見える原因とは

肌がたるむことが老け顔の原因

朝自分の顔を鏡で見て、ふとした時に鏡の中の自分の顔を見て、びっくりしたことはありませんか。何となく肌にハリがなくなってきたような気がする、何となく顔の印象が老けた気がする。30代に突入すると少なからず多く方が肌の老化を意識し始めるのではないでしょうか。しかし、アンチエイジングやエイジングケアに関してはまだまだ初心者なので、老け顔に見える原因が何なのか、老け顔対策は何から始めたらよいのか、分からないことだらけです。

老け顔に見える原因に表情筋の衰えによって肌のハリがなくなることやたるみが生じることが挙げられます。そして、これらは見た目年齢を老けさせてしまうほうれい線の原因ともなります。肌のハリを支えているのが真皮層です。真皮層は肌の土台のようなものです。真皮層を構成しているコラーゲンやエラスチンは年齢と共に減少してしまいます。20歳から25歳をピークにどんどん減少していき、40歳になる頃にはピーク時の半分ほどにまでなると言われています。肌の土台である真皮層の構成成分が減少することで、表皮を支える力が衰え、肌のハリは失われて、肌はたるんでいきます。

年齢と共に失われるコラーゲンやエラスチンですが、年齢以外の原因でも失われていきます。紫外線にあたると、紫外線は肌の奥の真皮層にまで入り込み、真皮層を破壊してしまいます。そして、睡眠不足、栄養不足、栄養の偏りも真皮層が壊れて、肌のハリは失われてしまう原因となります。老け顔を進行させてしまわないように、十分な睡眠と栄養のバランスの良い食事を心がけることが大切です。スナック菓子やジャンクフードは体を酸化させて、肌の老化の原因となりますので避けるようにしましょう。

Copyright © 老け顔に見える原因とは. All rights reserved.