コミュニケーション能力を磨く

現代版ビジネスマナーと用語

実は間違ったビジネスマナー?

しっかりした敬語で話しているつもりでも、気づかないうちに相手を不快にさせていたり非常識だと思われることもあります。正しい敬語を使うことで、ビジネス上で円滑に物事を進められるなどのメリットは多くあります。敬語には丁寧語・尊敬語・謙譲語があり、ビジネスマナーの基礎中の基礎といえます。正しい使い方を身につけることはもちろん、見ず知らずの人がお互いを理解するために言葉は重要な役割りを果たし、その人そのものを表すといえます。言葉遣いは心遣いといって、その言葉を発する人柄を現します。相手に対する思いやりは言葉よりも相手の感情を刺激し、物事を好転させることも逆効果になることもあります。ビジネスマナーに加え、その場に合った正しい用語を使うことも重要といえます。その言葉を正しい意味で使うことは当然のことながら、流行りの用語を多用することはコミュニケーションを必ずしも円滑に進めるとは限りません。マナーは形式ではなく臨機応変に変化するものです。前述のように相手を気遣う気持ちがあれば相手が理解でき、尚且つビジネスに有益な用語の使い方をすることで、友好的な印象を相手に持たせ、ビジネスチャンスを広げることでしょう。

↑PAGE TOP